Menu

食育について

Home

食育について

さつき保育園の給食室の前には今月の旬の食材を掲示しています。子どもたちはこれを見て、その日に食べている食材は海のものか、山のものか、また体に入ってどんなはたらきをするかなど普段の生活の中で自然と学んでいます。

食育の保育内容

植物の栽培と収穫

植物の栽培と収穫

自分で植物を 『育てて』 → 『収穫して』 → 『食べる』 という一連の
流れから、命の大切さ、食べ物の大切さ、ありがたさに気づいてもらうのが
この保育の大きな目的です。
植物の成長を楽しむことや、収穫を楽しむことも、同時に学んでもらいます。

料理保育

料理保育

料理保育では、自分で作って食べる楽しさを友達と一緒に
学びます。栄養士が包丁の持ち方や野菜の切り方、栄養のこと、
火の怖さなどをていねいに教えてくれます。
料理保育の日はエプロン、三角巾をして、皆にこにこ顔です。

食事のマナー

食事のマナー

おいしい給食を食べられることに感謝の心をこめてする
いただきます、ごちそうさまのあいさつ。食器や箸の持ち方、
使い方、食べ方など基本的なマナーを伝えています。
スプーンを上手に使えるようになると箸を使いはじめます。
持ちやすい六角箸を使い、年齢に合わせて箸のサイズを
変えていってます。

食育の保育内容

給食へのこだわり

給食

・『行事食』を食す事で、季節感を養う。
・旬の野菜を多く取り入れた献立。
・薄味で素材の味を活かした調理をする。
・食材を全体的に小さく切って食べ易く提供する。
・食材の品目をなるべく多く使用する。
・化学調味料を使用しない。

管理栄養士さんから一言

管理栄養士さんから一言

食べることは生きること...心も体も育まれます。給食を通して
「食べることの楽しさ・大切さ」を子ども達に伝えていきたいと
思っています。また、子ども達と一緒に給食を食べる中で
興味がわくような話題に触れながら年齢に合わせた食習慣を
身に付けられるようにしています。

子ども達の人気メニューは保護者の方向けに「園だより」にてレシピをのせています。
ご家族での食事作りの参考にしていただければと思います。

食の安全への取り組み

・野菜・米など食材はどこから仕入れているか分かるようにして安全な食材を使用する。
・牛肉は使用しない。(O-157の心配から。豚肉・鶏肉は使用します。)
・フルーツ以外には必ず火を通して滅菌調理して提供する。